FC2ブログ

2018/01/14 Sun  13:52
高林鮎子シリーズ、うれしい!





おそらく・・・1月になってから初めてのブログです。
遅ればせながらあけましておめでとうございます(笑)

年末年始帰省しておりまして、無事に戻ってきたあともバタバタしておりまして(;'∀')
今になってしまいました。
今年もできる範囲で少しずつ、書いていきたいと思いますので
よろしくお願いいたします。

さて。
私は推理小説や歴史ものが好きなのですが、その中でも大好きなシリーズがあります。
それが津村秀介さんの「浦上伸介」シリーズです。

読み始めてわりとすぐに津村さんがお亡くなりになったのですが
ずっと読んでいました。
浦上伸介シリーズは、時刻表を使ったトリックが使われているのですが
まさに発想の転換というのでしょうか、
JRをバスで追い抜くとか、知られていない路線を使うとか
いつもその発想にびっくりさせられました。

で、このシリーズをドラマ化したのが「弁護士・高林鮎子」のシリーズです。

ドラマ化するのにあたって、主役が男性のフリーライター(浦上伸介)から
女性の弁護士(高林鮎子)に変わり
原作では事件推理も時刻表トリックを解くのも基本的に一人だったのが
ドラマでは推理は高林鮎子が、トリックは同じ事務所の竹森慎平が担当するようになりました。

本そのものを読み始めたのが遅かったこともあって
リアルタイムでドラマはほとんど見ておらず
できたら全部を見たい、とおもっていました。

今年に入ってお正月明けからシリーズの放送が始まったのです!

実は高林鮎子シリーズ、1作目だけは作者が宮脇俊三さんなのだそうで、
津村秀介さんの原作は2作目からとなっています。

ところが。
残念なことに、その2作目だけ放送が飛んでまして・・・
何か大人の事情があるのでしょうか。
できれば早いうちに再放送してほしいところです。

で、ドラマそのものは、特にトリックの部分に関しては
記憶していた小説とほぼ同じであるようです。
まあ、トリックの部分は時間的にもぎりぎりなのでしょうから
手をいれるのは難しい、ということもあるのかもしれませんが。
もちろん、主役の属性が変わることで、事件に関係するきっかけであるとか
いじらねばならぬところはあるものの
全体的に小説と大きく変わっていないようで、とても面白く見ています。

前に放送されたときは、とびとびだったのでちゃんとDVDに録画できなかったのですが
今回はブルーレイレコーダーで録画していることもあるので
きちんと保存版を作りたいとおもっています。

そして改めて、小説をまた読み直してみたいです。


ドラマ化された中で一番好きなのがこれを原作にしたものです。
23作目「秋田新幹線冬の迷彩」なのですが、殺害された女性のおばあさん(菅井きんさん)が
鮎子たちと一緒に犯人を捜すのですが
おばあさんが必死で犯人を探そうとする姿が胸に迫ります。


スポンサーサイト



2017/02/07 Tue  12:49
内田康夫さん原作のドラマ『蜃気楼』





先ほど再放送されていました『蜃気楼』。
もしかしたら前にも書いたことがあるのかもしれないと思いましたが、また書きます(*^_^*)

このドラマ、私は先に本を読んで、それからドラマを見たので
犯人が誰かをわかっていたのですけども
ドラマ向きの題材だなーと思いましたね。

なんといっても、タイトルにある「蜃気楼」。
やはり蜃気楼は映像で見てみたいものです。

物語としても「蜃気楼」のもつ儚さと神秘的な感じが、人生の儚さにつながっていくようで
内田作品の中でも好きなものの一つです。


蜃気楼 [ 内田康夫 ]


で、このドラマなのですが
出演している役者さんがなかなかすごい。

辰巳琢郎さんバージョンの時代のものですが
ヒロインが小田茜さん
本当に美しい女優さんです。儚げな美人という感じでいながら、行動力もある感じが
とてもあってますよね。

また、前に見た時に気づいたのですけども
犯人探しの途中で関係する会社の社員、浅岡の役で、なんとあの方が出ております。
いたみん!(川原和久さん)
「相棒」のいたみんはなかなかこわもての役ですが
(そのわりにうっかりだけどね(^_^;))
こちらの役は・・・なかなか「楽しい」役です。
どっちが真の姿に近いのかしら?(笑)

そしてこのドラマで忘れてはならないのがこの人です。
沢村一樹さん
エリートの大学教授役。若くて有能で将来を嘱望されるのですが、なかなか重要な役どころです。
辰巳さんもそうですが、沢村さんが若い!
イケメンで繊細な感じがあってなかなかいいです。
このあと浅見光彦になろうとは・・・この展開からは想像できませんですね(笑)

数日前にそれこそ「相棒」映画版の記事を読んだら
北村一輝さんかな、
「ゲスト出演したということは、次の相棒にはなれないってことですね」
って落ち込んでいた、みたいな記事がありましたが
こういう例もある、ということで(^_^;)

2時間ドラマの再放送って、こういう発見があるから、見てて楽しいです。
それと同時に2時間ドラマの場合、舞台が東京以外ということも多いですから
(このドラマだと宮津とか富山とか)
お金がかかるのかな・・・
旅に行った気分にもなりますから、こういう旅情あふれるものって大好きなんですが
なかなか作るのが難しくなりつつあるのでしょうか。

こういう雰囲気のいいドラマ、たくさん見たいものです。


【冷蔵便発送】賀茂鶴 蜃気楼(しんきろう) 天然美発泡清酒 250ml 6本セット 【平成21酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵】【ギフト プレゼント】【広島 日本酒】

蜃気楼を見つつ味わいたいお酒。

2017/01/23 Mon  13:02
やとわれ女将菊千代の事件簿2





朝、課題などしつつ、テレビを見ていたら
2時間ドラマの再放送が入ってました。

やとわれ女将菊千代の事件簿2

坂口良子さんというと、お嬢さんがいろいろと話題になっているようですが
私的には「暴れん坊将軍」のめ組のおかみさん役がすごく印象に残ってます。
着物で出て来る役だったこともあり、そのときのことを思い出しつつ、見ていました。

ストーリー的には、坂口さん演じる菊千代さんがやとわれ女将をする旅館に起きるハプニングを
菊千代さんがうまく解決していく、というストーリーなのですが
どの事件も、「多かれ少なかれ実際にありうるんだろうなぁ」という感じ。
取材がはいることでちょっと背伸びしたくなったり
それを見た客がいちゃもんつけたり
そして旅館ドラマあるあるのわけありの客が登場したり・・・

確かに、豪華な食事がテレビで放送されれば
見た人がお客様として訪れてくれますもんね。
でも、実際の料理のクオリティが低いと、今のご時世、あっという間に悪い評判が拡散しますから
そのあたりの兼ね合いが難しいところなのでしょう。

ただ、そういったストーリー部分はともかくとして
クライマックスの悪党を着物姿のままでやっつけるシーンがなんとも意気でかっこよい。
菊千代さんは元芸者と言う設定なので、いわゆる「意気と張り」が売りなわけですけども
それまでの女将として表面上はんなりした雰囲気から一転、ほんとうにかっこいいです。

さらにすごいなと思ったのがラストシーン。
旅館で日舞を舞うシーンなのですけども
梅沢富美男さんと共演しています。
このシーンがとても美しい。
あくまでも素人としての見方なのですけども・・・

梅沢さんは本職ですから当然として
(役柄としては、とても日舞なぞ踊りそうにないのですが(^_^;)
 それだからこそ、ギャップが大きくてびっくり。
 当たり前なんですが、男性役でも何となく色っぽい感じかも)
坂口さんの踊りが本当にステキでした。

役者さんなんだから何でもできて当然、という見方もなりたつけれども
本職の踊り手さんと共演し、美しく舞うというのはやはりそれなりのたしなみがあってのことなのでしょう。
ステキな女優さんだったんだな、と改めて感じました。

それにしても。
このドラマに出ていた坂口さんもそうですが
若女将のお婿さん役が今井雅之さん。
ドラマそのものは2005年のものということですから、12年くらい前のものではありますが
こんなお若くてステキな俳優さんがお二人も鬼籍に入られている・・・
とても残念なことですね。
お二人のご冥福を改めてお祈りしたいと思います。


【中古】 池中玄太80キロ DVD−BOX I(初回生産限定版) /西田敏行,坂口良子,三浦洋一,杉田かおる,長門裕之,松木ひろし(脚本),坂田晃一(音楽) 【中古】afb

坂口良子さんというとこのドラマが有名ですね。


2016/12/10 Sat  13:22
「相棒」見られなくなるのかしら・・・

ここ数日、ずっと心配していたのですが、とても残念な結末となってしまいました。

成宮寛貴、芸能界引退

いわゆる週刊誌というものはこういうものだ、と言ってしまえばそれまでなのですが、一人の人間の人生をここまで追い詰めたことに対して、強い憤りを感じます。
それ以上に、「薬物疑惑はシロ」なのに、「消えてなくなりたい」ほどに追い詰められた背景に、「セクシャリティな部分もクローズアップ」されたことが大きかったようで、それがとにかく気の毒で仕方ありません。

正直なところ、この方に限らず、他人がどういう性的指向を持とうが、別にかまわないのでは?というのが私の考えです。
それが他人に迷惑をかけるものでないのならば、他人がとやかくいうことではないのでは?
異性相手だろうが同性相手だろうが、他人の「パートナー」に次から次へと手を出すとか、もてあそんでぽいっと捨てるとか
そういうことをする人間は許せませんけどね。

だから、この記事がとても心配なのです。

「相棒」シリーズ約8割が再放送ピンチ

どうやらこの記事の流れだと、先日の高樹沙耶さんの事件で、あの方が出ていた分が放送できなくなった
プラス、成宮さんが出ていた分が放送できなくなった
という意味のようなのですが・・・。

調べてみると、高樹さんはseason10の第1話まで
成宮さんはseason11~13
それぞれ出演していますから、放送できるのはseason10の残り(及川光博さんの分)と、14以降(反町隆史さんの分)という意味ですね。

少なくとも現段階で、成宮さんはなにか罪を犯しているのでしょうか?
それとも引退した俳優がメインに近い状態で出ている番組は再放送できないとでも?
それとも・・・
このご時世にLGBTはテレビにだせないと??

過剰反応としか受け取れませんが?

こういう、ヘンな「自主規制」によって、ますます本人が追い詰められないかと心配に思います。

今はとにかく、成宮さんが少しでも平穏な気持ちで過ごせる状況になってほしいことと
だれか支えてくれる人がいてほしいと願うばかりです。








2016/10/25 Tue  15:07
見たかった・・・相棒





10月に入り、「相棒15」が始まり、毎週の楽しみが増えた今日この頃なのですが・・・
今日、残念なニュースが飛び込んできました。

元女優、高樹沙耶容疑者 大麻所持の疑いで現行犯逮捕

先日、「爆報!theフライデー」に出ていたのを見たのですが
主張の善悪はどうあれ・・・ちょっと大丈夫かな?と思ったんですよねぇ・・・
その不安が的中した、ということなのでしょうが・・・

実はこちら(関西)では、夕方に「相棒」の再放送が行われています。
相棒セレクション、といった感じで、いろいろなシリーズで人気のあったものをランダムに放送する、という形なのですが
今日も放送予定だったんです。

新聞のテレビ欄の記載によると、放送予定は「神隠し」。
出演者のところにあるのは「寺脇康文」。
調べたところ、season2のお話のようです。
ストーリーはこちら

今は亡き、細川俊之さんが出ているストーリーだったようで
これを書くにあたって、いくつかファンサイトなど見たのですけども、なかなかの高評価だったようです。

がしかし・・・
寺脇さんの時ということは、当然ながら、「花の里」で高樹沙耶さんが出るわけで・・・
先ほど、ネットのテレビ欄をみたら・・・
「新科捜研の女」になっていました。
さっそく差し替えられたようです。

最近の様子を見ると、少なくとも高樹さんが無罪放免、ということにならないと
高樹さんが出ている「相棒」は放送されない可能性が高い。
もちろん、降板された後のストーリーもたくさんあるわけで、放送そのものには困らないのかもしれませんが
寺脇さんや及川光博さん時代のものにも、何度見ても面白い、というのはたくさんあるはず。
それが当分(永遠でないことを祈る)は見られない、というのはなんとも残念なことです。

法に触れることをしてはいけない、というのはだれでもそうですが
こういった、人前に出る仕事をする方には特に身を律していただきたい。
たった一人の不祥事が、その番組を楽しみにしているたくさんのファンを悲しませることにつながるのですから。


相棒 Season 2 ブルーレイBOX[Blu-ray] / TVドラマ

ブルーレイとかで楽しむしかないのかな・・・


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

yossiepooh

Author:yossiepooh
歴史大好きでのんびりや、田原俊彦さんのファンです。
ポイントサイトでちょっぴりお小遣い稼ぎもしていたり。
楽しいことがあふれるブログができたらいいなと思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリ

ブログランキング

よければぽちっとしてください(*^_^*)

FC2アフィリエイト

フリーエリア

follow us in feedly

フリーエリア


        HOME         ≫ Next